histoire
共に守るマスクの日プロジェクト
大切な人を“守る”マスクを。
新型コロナウイルスのワクチンは普及してきましたが、
コロナウイルスを撃退できるわけでも、その他感染症をなくせるわけでもありません。
withコロナ時代とは、「個人でできる感染対策」と「他人に感染させない対策」がセットとなって生活する時代です。

マスク無しでの日常生活は、自分だけではなく周囲の人にも感染させてしまうリスクがあります。
今一度、自分自身も含め、家族や友人といった大切な人や、その社会を「共に守る」という事を
皆さんに改めて認識してもらいたいという思いから
「共に守るマスクの日プロジェクト」は生まれました。
histoire
共に守るマスクの日プロジェクト
大切な人を“守る”マスクを。
新型コロナウイルスのワクチンは普及してきましたが、コロナウイルスを撃退できるわけでも、その他感染症をなくせるわけでもありません。
withコロナ時代とは、「個人でできる感染対策」と「他人に感染させない対策」がセットとなって生活する時代です。

マスク無しでの日常生活は、自分だけではなく周囲の人にも感染させてしまうリスクがあります。
今一度、自分自身も含め、家族や友人といった大切な人や、その社会を「共に守る」という事を皆さんに改めて認識してもらいたいという思いから
「共に守るマスクの日プロジェクト」は生まれました。
10月9日は
共に守るマスクの日
10月9日は共に守るマスクの日
プロジェクトシンボルマーク
共に守るマスクの日である9日にちなんで
9人の人々が手を取り合うことで、身近な人への思いやりを表現しました。

このシンボルマークはマスクへ着けられるバッジとして販売しており、
売上は公益財団法人 日本財団を通して
新型コロナウイルス対策支援へ寄付されます。
プロジェクト
シンボルマーク
共に守るマスクの日である9日にちなんで 9人の人々が手を取り合うことで、身近な人への思いやりを表現しました。

このシンボルマークはマスクへ着けられるバッジとして販売しており、
売上は公益財団法人 日本財団を通して
新型コロナウイルス対策支援へ寄付されます。
あなたもサポーターになりませんか?
あなたもサポーターに
なりませんか?

チャリティーバッジ購入申込み

チャリティーバッジ
購入申込み

チャリティーバッジご購入による寄付を通して
共に守るマスクプロジェクトに賛同いただける方を随時募集しております。
下記フォームへ必要事項を記入していただきますとメールにてお支払いのご案内をお送りいたします。
お支払い確認後、チャリティーバッジと認定書を郵送させていただきます。

チャリティーバッジご購入による寄付を通して共に守るマスクプロジェクトに賛同いただける方を随時募集しております。
下記フォームへ必要事項を記入していただきますとメールにてお支払いのご案内をお送りいたします。
お支払い確認後、チャリティーバッジと認定書を郵送させていただきます。

購入希望個数
お名前 ※必須
メールアドレス ※必須
郵便番号
住所 ※必須
(半角ハイフンなし)
電話番号 ※必須 (半角ハイフンなし)
支払方法 クレジットカード(PayPal) 
銀行振り込み
サイトを知ったきっかけ 友人・知人  ニュースリリース
検索エンジン メルマガ
確認事項
(ご希望があればこちらに)

注意事項
※商品到着まではお支払い確認後1週間程度いただきます。
※お支払い後のキャンセル・返金は出来かねますのでご了承ください。
※その他お問い合わせは株式会社Histoire spt@histoire.tokyoへご連絡ください。

注意事項
※商品到着まではお支払い確認後1週間程度いただきます。
※お支払い後のキャンセル・返金は出来かねますのでご了承ください。
※その他お問い合わせは株式会社Histoire spt@histoire.tokyoへご連絡ください。

よくあるご質問

お問い合わせメールアドレス
spt@histoire.tokyo
[営業時間]
平日 10:00-17:00 ※土日祝日のお問い合わせは翌営業日のご返信となります。

お問い合わせメールアドレス
spt@histoire.tokyo
[営業時間]
平日 10:00-17:00 
※土日祝日のお問い合わせは
翌営業日のご返信となります。