Party Style Magazine

結婚式とパーティーのスタイルマガジン

お呼ばれパーティーを楽しもう!知っておきたいパーティーマナー~ドレス編~

カテゴリ:パーティー

結婚式、二次会、食事会など、パーティーのゲストにお呼ばれをした方は、どんなドレスにするか?色々と悩みますよね。パーティーでは「ドレスコード」と呼ばれる服装のルールがありますので、パーティーに合わせたドレス選びをしなければなりません。

開催されるパーティーによってドレスコードは変わりますので、パーティーの雰囲気を壊さないためにも、シーンに合わせた基本的な服装のマナーを心得ておきましょう。そして、パーティーにふさわしい正しいドレスファッションで、特別な日のオシャレを楽しんでくださいね。

 

フォーマル?セミフォーマル?インフォーマル?スマートカジュアルってなに?

ドレスコードの指定がない場合には、パーティーの格式に合わせて服装選びをします。
格式によって着用するドレスが変わりますので、基本的な言葉の意味や格式による違いの差を覚えておきましょう。

■フォーマル(正装)

リンク元:http://jadorewedding.com/

最も格式が高いフォーマルは、皇室行事、格式の高いセレモニー、結婚式での新郎新婦、その家族や仲人の方が着用する服装です。日本の一般的なパーティーでは、なかなか着ることがない特別なドレスになります。

■セミフォーマル(準礼装)

il_570xN.459543408_c0w0リンク元:https://www.etsy.com/jp/listing/151311283/50s-dress-vintage-1950s-miss-elliette?from_reg=2&joined=contact-seller&box=1

セミフォーマルは、結婚式や披露宴でのゲスト、入学式、卒業式など、冠婚葬祭で着る服装です。正装に準ずる服装であり、一般的によく着られるため「フォーマルファッション」とも呼ばれています。

■インフォーマル(略礼装)

e21270-04_2リンク元:http://mix.tokyo/

インフォーマルは、会費制の結婚式、二次会、形式にこだわらないカジュアルなパーティーなどで着る服装です。招待状に「平服(カジュアルな服)でお越しください」と書かれている場合には、インフォーマルでの服装となります。決してデニムやTシャツといった普段着という意味ではないので注意してください。

■スマートカジュアル

21bfd6193512d43b224bdf16b5e28758リンク元: http://weddingdresses.fletestesei.com/pale-pink-wedding-guest-dress-uk/

パーティーの格式とは別にホテルやレストランでのドレスコードとして、スマートカジュアルなファッションを求められる事もあります。普段着よりも少しオシャレをしたワンピースなどの服装とイメージしておきましょう。

パーティー、セレモニー内容に合わせて適切なドレスを選ぼう!

日本のパーティー&セレモニーでは、主に「セミフォーマル」または「インフォーマル」での服装を着る機会が多いと思います。いずれも基本的なマナーを守ることが大切ですが、パーティーやセレモニーの内容に合わせて、適切なドレス選びをするようにしてください。

例えば、結婚式の披露宴とはいえ、現在はさまざまなスタイルの披露宴パーティーがあります。ホテルやレストラン等の室内に限らず、海や山など自然に囲まれた場所で開催される事もあります。そして、ファッションブランドのパーティーでは、一般的にはNGとされる露出が多いファッション、サンダル、ミュール等がOKとなりますし、地域によってもマナーが異なります。

conssit4リンク元:http://www.elle.mx/estilo-de-vida/2016/08/25/usarias-sneakers-en-el-dia-de-tu-boda/

そのため、必ずしも基本的なマナーがOKであったりNGであるとは限りませんので、シーンに合わせたドレス選びをすることが肝心です。もしも、服装選びに迷うようなパーティーの場合には、同じパーティーに参加する友人・知人、または主催者に、あらかじめ確認しておくと失敗を防ぐことができます。

昼のパーティーと夜のパーティーって何が違うの?

94c00c36ecef3d773b929a7c92e2524cリンク元:http://www.polyvore.com/purple_tulle_skirt/shop?query=purple+tulle+skirt

セミフォーマルのパーティーでは、昼と夜ではパーティーのドレスコードが異なります。

昼間のパーティーは「アフターヌーンドレス」、夜のパーティーは「イブニングドレス、カクテルドレス」を着用します。アフターヌーンドレスよりもイブニングドレスやカクテルドレスの方が華やかさがあるため、身につけるジュエリーも輝きがあるものに揃えます。

インフォーマルのパーティーにおいても、昼間よりも夜のパーティーの方が華やかさのあるドレスデザインや素材を選ぶようにします。

パーティーでのNGドレスってどんなドレス?

_1_gallery_image_width_330_400リンク元: http://www.the-wedding.jp/dress/photogallery/(id)/165763/

日本におけるパーティーでは、昼夜に関わらず肩や脚の露出を控えたファッションである事が求められています。カジュアルなパーティーでは、ノースリーブのドレスでも構いませんが、フォーマルなシーンでは必ずショールやボレロを羽織り、膝丈のドレスを着用することがマナーです。パーティーでは、あくまで下品にならず「上品」にドレスアップする事を心がけてください。

また、披露宴パーティーでは、新郎・新婦という主役がいるため、主役よりも目立ってしまうような派手すぎるドレスはNGとなります。新婦のドレスである「白いドレス、ロングドレス、柄物のドレス」は、ゲストに招かれた側はNGドレスとなります。

それから、黒のドレスはNGではありませんが、全身真っ黒になるようなドレスコーデは喪服を連想させるので控えましょう。黒のドレスは無難なカラーとして人気がありますが、せっかくのおめでたい席には、明るいカラードレスで華やかな着こなしを楽しんでくださいね。

靴選びにも気を付けよう!

e48e10450830131799f11949cfc6b532リンク元: http://www.badgleymischka.com/shoes/

フォーマルなパーティーでは、女性は「ヒール」があるシューズを履くのがマナーです。また、サンダルやミュールはNGとなりますので、かかとがある「パンプス」を履くようにしましょう。ヒールが苦手な方は、5cm程度の低めのヒールを選ぶようにしてください。足が痛くなりやすいという方は、ドレスルームなどでヒールのあるパンプスに履き替えて、クロークに荷物を預けるのがおすすめです。

また、結婚式では、動物の死を連想させる動物の毛皮や皮革製品がNGとなりますので、「クロコダイル、蛇柄、ファー付き」などのデザインは避けるようにしましょう。

「まとめ」

いかがでしたか?

パーティーと一言でいっても、どんなパーティーなのか、どんな関係性の人に呼ばれているのかによって、マナーが変わってきます。でも難しいことはありません。基本マナーさえしっかりと身に付けておけば、どんなパーティーでも対応できると思います!
お呼ばれパーティーがどんなパーティーかによってあなたなりのコーディネートを楽しんでくださいね!
パーティーに着ていくドレスコーデが決まったら、必ず「全身鏡」を使って最終チェックをしてみてください。ゴチャゴチャとした印象がすると感じたら、アクセサリーを1つ外したり、シンプルなデザインの小物に切り替えるだけで素敵な着こなしになりますよ。